女性の薄毛を治す方法3選!薄毛の悩みを解決するには?

最近は「髪のボリュームが足りなくなった気がする」と感じたら、すぐに様々な対策を取る人が多くなったようです。

しかし、色々と試してみても結果が出ないということも、多いのではないでしょうか。

髪のボリュームがないと髪型もきまりませんし、おしゃれの幅も狭くなってしまいます。

それだけに、なんとかしたいのが女性の心理ですが、なんでも試してみればいいというわけではないのが女性の薄毛です。

薄毛を治す一番の近道は、自分の薄毛がどういった原因で起こっているかを知り、それに合った対策をすることです。

女性の薄毛を確実に治す方法を、一緒に探しましょう。

 

女性の薄毛がなかなか治らない場合の原因は?

対策を行っているのに薄毛がなかなか治らないのはなぜなのでしょうか。原因と思われるものを見ていきます。

 

原因に合った正しい対策をしていない

薄毛になってしまったと焦るあまり、目についたものを片っ端から試してはいませんか?

女性の薄毛は、原因によって種類が違います。

加齢による女性ホルモンの減少によって起こるびまん性脱毛症や、髪を強く結び続けたあまりに起こる牽引性脱毛症、生活習慣が乱れてホルモンバランスが狂うことによって引き起こされる薄毛、そして産後の薄毛・抜け毛。

それぞれの原因を解決する対策を行わなければ、どんなにいいと言われている方法を試してみても、薄毛はなかなか治らないものです。

 

薄毛の悩みを長年放置している

薄毛の悩みを抱えながらも、長年放置してはいませんか?

薄毛対策はスピードが命、といっても過言ではありません。いかに早く始めるかが大切です。

薄毛になってしまう原因の一つに、頭皮環境の悪化があげられます。

乾ききってしまった土を潤すためには、むやみに水を注げばいいというものではありません。

頭皮環境も同じ。長年放置した後に、いきなり高価な育毛剤を使ってもすぐには治りません。

 

育毛剤が合っていない

色んな育毛剤が数多く出ている中で、どれを選べばいいのか悩んでしまう人は沢山いることでしょう。

ネットで人気のものを探して使ってみているけれど、なかなか効果が出なくて悩んではいませんか?

育毛剤を使っても効果を実感できないのであれば、育毛剤が自分の頭皮環境に合っていない可能性があります。

人気の育毛剤は、多くの人が効果を実感したものだということで安心感を得られますが、自分に合っていないものを使っても意味がありません。

説明などをよく読み、自分に合った育毛剤を探しましょう。

 

病気が原因

自分の薄毛の状態に合ったケアをしているのに治らない・むしろ酷くなってしまったという場合や、一般的な抜け毛の症状に当てはまらない急激な抜け毛が見られる場合、そこに病気が潜んでいる可能性があります。

生活習慣や食生活を改善したのに症状が良くならないのであれば、病院で早めの受診を受ける必要があります。

急な抜け毛は、体からのサインです。

甲状腺異常や膠原病、亜鉛欠乏症などの病気になっている場合もあります。

病気が原因であれば、一般的な対策を行っても、薄毛や抜け毛改善されることはありません。

大慌てする必要はありませんが、迅速な行動が求められます。自分の体の声をしっかり聞いてあげてください。

 

女性の薄毛を治す方法3選!

薄毛で悩む女性にとって、どのようにすれば治るかは非常に大切な問題です。

女性の薄毛を確実に治す方法はきちんとありますが、どの方法をとれば確実に治せるか分からなければ不安でしょう。

そこで、おすすめの方法を紹介します。

 

1.育毛シャンプーを使う

薄毛対策において、頭皮環境を整えることは必要不可欠です。

そのため、頭の洗い方に気をつけている人は多いのではないでしょうか。

頭の洗い方も、薄毛対策には効果があります。ゴシゴシこすらず、頭皮をマッサージするように洗ってみてください。

頭皮を労ってあげることで、髪が育ちやすくなります。

そこにもうひと手間付け加えて、育毛シャンプーを使ってみましょう。

市販のシャンプーの多くは、洗浄力が非常に強いものです。

そのため、皮脂を洗い流しすぎてしまうという問題が起こります。

皮脂を失ってしまうと、頭皮が皮脂を過剰に分泌してしまい、頭皮環境が劣悪になってしまいます。

頭皮を優しく洗いながら適度に皮脂を洗浄し、髪にいい成分を含んだシャンプーを使うことで頭皮環境が整えられれば、髪が育ちやすくなります。

 

2.育毛剤を使う

薄毛をどうにかしたいと思っても、薄毛専門の病院に行くのには抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

そういう時は、まずは育毛剤を使って自分でケアをしてみましょう。

育毛剤には、育毛にいいとされる成分が多く含まれています。

育毛剤は医薬部外品や化粧品に分類されており、医薬品ではないので副作用の心配はありません。

また、薬局で手に入るものも多くありますので、お手軽に使うことができます。

頭皮環境を整えるのは、畑を耕すことと同じです。

畑の野菜は、耕した畑に種を埋め、栄養剤をまいてあげることで育ちます。

それと同じように、整えられた頭皮に育毛剤を使うことで栄養が行き届き、髪がすくすく育ちます。

 

3.女性専門のクリニックや病院の皮膚科に通う

自分だけでの薄毛ケアでは不安だと思っているのに、その不安を抱えたままケアをしている人もいるのではないでしょうか?

そういう場合は、女性専門のクリニックや、病院の皮膚科に行ってみましょう。

なんといっても、薄毛対策のプロフェッショナルである医師から、頭皮環境を整えるためのアドバイスをもらうことができます。

また、育毛剤・育毛シャンプーの使い方を教えてくれたり、自分に合った対策方法の相談に乗ったりしてくれます。

「病院にいくのは恥ずかしい」とは、思わないようにしましょう。

現在は女性専用のクリニックや、女性が受診しやすい環境が整えられている病院も増えています。

プロに診てもらうことで安心感も得られますので、不要なストレスを抱えることが無くなり、育毛を妨げるものを減らすことができます。

 

まとめ

薄毛になってしまうのはとても辛いことです。

どうにかして前のような髪を取り戻したいという想いは、薄毛に悩む全ての女性が感じることでしょう。

生活習慣や食生活を改めることももちろん必要ですが、育毛剤や育毛シャンプー、そして専門の病院など、使えるものはどんどん使っていってください。

女性の薄毛は治ります。あきらめず、あせらずに対策を続けていきましょう。