20代女性の薄毛は治る?20代に多い薄毛のタイプとおすすめの対策方法は?

まだ髪が薄くなるような年齢ではないのに、最近毛が少なくなってきた気がする……

そういう悩みを持った女性が最近増えてきています。

女性にとって髪はとても大切なものです。

ヘアスタイルが決まらないとその日一日を憂鬱な気分で過ごしたりする人もいるくらいですから、それが少なくなってきたかもしれないと感じた時の焦りは大変なものでしょう。

実は、20代のうちに薄毛の不安を持っている女性も、少なくありません。

なぜ、まだ20代であるにもかかわらず薄毛になってしまうのか。

20代女性が薄毛になる理由は、男性や40代以上の女性が薄毛になる原因とは異なる可能性があるそうです。

どういった原因で20代女性の薄毛が起こるのでしょうか。薄毛にはいくつか種類があります。それぞれの原因と対策について見ていきます。

 

20代女性の薄毛は治る?20代の薄毛のタイプと原因・対策は?

 

薄毛の種類と、それぞれの原因と対策を見ていきましょう。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、髪が全体的に薄くなってしまう脱毛症で、圧倒的に女性に多い薄毛のタイプです。

髪のボリュームが全体的になくなってしまい、実年齢よりも老けて見られることになってしまいます。この脱毛症は更にFAGA(女性男性脱毛症)と慢性休止脱毛症というふうに分けることができます。

FAGAの方は男性ホルモンが原因になっている薄毛で、主に年齢が40代後半からの薄毛の多くがFAGAだそうです。

女性であっても、男性ホルモンは持っています。

その男性ホルモンが、加齢によって女性ホルモンが減ることにより髪に影響を及ぼすのだそうです。

 

慢性休止脱毛症

慢性休止脱毛症は、FAGEのように医学的に原因がはっきりしていない薄毛です。

一般的にこちらの脱毛症は、生活習慣が主な原因になっているのではないかと言われています。

女性ホルモンというものは非常に繊細で、些細なことや生活習慣のバランスが乱れることで減少してしまいます。

その代表として挙げられるのが睡眠不足です。

夜遅くまで仕事をしていたり、体力的に余裕があって夜更かしをしたりしてしまうと、途端に女性ホルモンに影響が出ます。

また、ストレスがかかって自律神経の調子が崩れることによってもそうなってしまいます。

そして、栄養不足であっても薄毛になってしまうそうです。

確かに、髪も体の一部ですから栄養が行き届かない状態では健康な状態に保つことはできません。

若く綺麗でいたいという女性にとってダイエットは切っても切り離せないものではありますが、髪のためには無理な食事制限は避けましょう。

慢性休止脱毛症を避けるには、きちんと睡眠を取り、精神的なリフレッシュを心がけながらしっかりと栄養を取ることが大切です。

 

牽引性脱毛症

ポニーテールやお団子ヘアなどのまとめ髪を継続すると、牽引性脱毛症になりやすいです。

牽引性脱毛症とは前髪の生え際や分け目の髪が徐々に薄くなっていってしまう脱毛症です。

まとめ髪をして毛が薄くなってしまう原因は、髪をまとめる時に髪の毛の固着力以上の強い力で引っ張られることで毛包が萎縮してしまうからだそうです。

毛包が萎縮してしまうと毛を作る細胞の動きが止まってしまい、新しい髪が生えてこなくなる原因になります。

牽引性脱毛症を避けるためには、髪を短くしたり、髪を結ぶ時は無理やり引っ張らずに緩めに結んだり、髪を結ぶ時間を短くしたりするようにしましょう。

また、エクステの装着やヘアアイロンのかけすぎ、乱暴なブラッシングによっても牽引性脱毛症が引き起こされます。

エクステを装着する時は、できるだけ短い期間で外したりすることも必要です。

ヘアアイロンをする時には、髪の毛を引っ張りすぎないように気をつけてください。

オシャレに欠かせないヘアアレンジですが、それが薄毛の原因になってしまうこともあるのだと記憶にとどめておきましょう。

 

産後の薄毛・抜け毛

産後の薄毛・抜け毛の原因は、ホルモンバランスが大きく乱れることによって起こります。

女性の持っている女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量は、妊娠を維持するために増えますが、出産をすると著しく減少します。

エストロゲンとプロゲステロンは髪の維持をしてくれる女性ホルモンでもあり、妊娠中に過剰なくらいに分泌されていたものが減ってしまうと、今まで抜けなかった髪が抜けてしまうことになります。

産後の薄毛・抜け毛についてですが、約6割の女性が悩まされたことがあるというくらいのものです。

4~6ヶ月で抜け毛のピークを迎えた後、1年くらいで落ち着くものなので体型を戻すために無理なダイエットなどをしない限りは自然に落ち着くものです。

 

20代の女性の薄毛が治るまでに必要な期間は?

 

20代女性の薄毛が治るまでに必要な期間はどのくらいなのでしょうか?

どのくらいの期間耐えればいいのかがわかっていれば、頑張れるというものです。

しかし、現在は治るのに必要な期間というのは明確にはわかっていません。

20代女性の薄毛の原因は一概にこれとは言えず、多くの場合は、様々な要因が折り重なって起こっているからです。

そのため、薄毛の種類によって治し方も、治るまでの期間も違います。

自分がどの種類の薄毛に当てはまるのか分かっていれば、対策方法は見えてきますし、適した対策を行うことで薄毛が治るまでに必要な期間は短くなっていきます。

まずは自分の薄毛がどういった種類のものなのかと、それにあった対策をすることが大切です。

 

20代の女性の薄毛を改善するポイント

 

20代女性の薄毛を改善するポイントはどの辺りにあるのでしょうか。

どの段階で何をすればいいのか、どういった対策を取ればいいのかを見ていきます。

 

まずは早めの対策を

まずは薄毛対策を始める時期です。これは、早ければ早いに越したことはありません。

最近髪のボリュームが減ってきた気がする。生え際がなんだか薄くなってきた気がする。

そうちらりとでも思ったのなら、脱毛症になってきているのかもしれないと疑いましょう。

疑い深くなってしまってストレスをためてしまっては意味がないので、あまり深刻になりすぎずに調べてみましょう。

 

生活習慣の改善

薄毛にはいくつか種類がありますが、その全てに生活習慣が関わってきます。

十分な睡眠が取れていないのであれば、睡眠時間を増やし、質のいい睡眠を取るように心がけましょう。

そして、適度な運動を取り入れること。

ストレスの発散方法を見つけて、なるべくストレスを溜めないようにすること。

もしも喫煙をしているのであれば、煙草は控えるようにしましょう。

そして、食生活にも気をつけなければいけません。

薄毛にいい栄養素を取り入れた食事をすると共に、悪影響が出るような油ものばかりの食事を控え、過度なダイエットもやめておきましょう。

 

育毛剤を使用する

育毛剤は、育毛にいいとされる成分が入ったものを頭皮に塗布することで頭皮環境を整えるために使うものです。

薄毛の改善には、頭皮環境を整えることが必要不可欠です。

育毛剤には抜け毛を防ぐ効果のほか、髪のボリュームアップなどの効果も望めます。

生活習慣や食生活を整えるだけでは不安だと思ったのなら、同時進行で育毛剤を使用しましょう。

手軽に対策したい人向けでもあるので、恥ずかしいと考えたりせずに使用してみてください。

 

まとめ

まだ20代なのに薄毛になってしまったと悲観的にならず、誰もがなる可能性のあるものだという認識で、自分の薄毛の種類を知り、それにふさわしいケアをして薄毛の不安を吹き飛ばしましょう。

一番いけないことは、薄毛を気にするあまりに鬱々としてストレスを溜め過ぎてしまうことです。

ストレスは人間のあらゆる部分に悪影響を及ぼします。

深刻になりすぎずに、対策を行ってみてください。

女性の薄毛は治る!薄毛になってしまう原因と育毛対策。薄毛を治すには?

薄毛になってしまう原因は様々です。

ひと昔前は薄毛というと男性特有の悩みだと思われていましたが、女性の中にも薄毛に悩まされてきた人はいました。

最近は女性の薄毛に対する対策として女性用の育毛剤が発売されたり、女性の髪専用の、薄毛治療専門のクリニックなどもあります。

薄毛で悩んでいるとは、なかなか人には言えません。それゆえに、一人で悩んでいる人も沢山いるかと思います。

 

なぜ薄毛になってしまうのか? その原因が分かれば対策もできます。

女性の薄毛には、女性特融の原因もあります。

広く知られているのは男性の薄毛の原因ですので、女性で薄毛に悩んでいる人は、まずは女性の薄毛の原因から知っていきましょう。

女性の薄毛は治るものですので、諦めずに対処していくことが大切です。

一人で調べるのは大変ですが、女性の薄毛の原因や対策を紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

女性の薄毛は治る!薄毛になってしまう原因と薄毛を治す対策方法

女性の薄毛の原因について、1つずつ確認していきましょう。

 

加齢による薄毛

薄毛の原因で多いのは、なんと言っても加齢によるものでしょう。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は年齢と共に減少していきます。

一般的には40歳を堺に減り始めるとされ、55歳以降のいわゆる老年期を迎えた頃には10歳以下の小児期と同じくらいまで減少してしまいます。

女性ホルモンは髪の毛の成長と密接に関わっており、その分泌量が減ることによって毛髪に変化があらわれ始めます。

加齢による薄毛であっても、女性の場合は男性のように生え際や頭頂部の地肌が丸見えになるようなことはありません。

しかし、髪の一本一本が細くなることによって地肌が見え隠れする状態になってしまいます。

この状態を主に女性男性型脱毛症(FAGA)と言います。

これは加齢とともに出てくる自然な老化現象でもあるので、頭皮のケアを積極的に行い、健康な髪が生えてくるように頭皮環境を整えてあげましょう。

 

産後の抜け毛と薄毛「分娩後脱毛症」

出産をするとホルモンバランスが崩れて体調不良に陥ってしまい、回復するまでにはおおよそで6週間から8週間はかかると言われます。

それだけで済めばまだいいのですが、産後は赤ちゃんのお世話で睡眠不足になりがちで、生活リズムの変化によって精神的ストレスを抱えることになり、食欲の減退が起こって栄養バランスも崩れがちになります。

髪も体の一部ですから、栄養不足や睡眠不足は薄毛の原因になります。

出産を経験した女性の約7割が薄毛に悩まされるそうです。

産後にの薄毛や抜け毛を「分娩後脱毛症」と言います。

分娩後脱毛症はホルモンバランスを整えてあげるのが一番です。

バランスの取れた食事と十分な睡眠が必要になりますので、まずは生活習慣をもとに戻すところから始めましょう。

 

若年性脱毛症

若年性脱毛症というものも最近は増えてきています。

この若年性脱毛症は、疾患ではありません。本来脱毛が始まるには早い年齢であるのに、急激な脱毛の症状が出た人のことを総称してそう呼びます。

主に10代や20代など、髪が抜ける時期とは程遠い頃から急激な脱毛が始まってしまうケースが多いとされています。

そのため、原因も複雑で、これという原因はなく、複数の要因が絡み合い抜け毛に繋がっていることもあり、ストレスが引き金になることも多いようです。

まだ精神的に不安定になりやすい時期に必要以上のストレスを溜めてしまうことにより、体だけでなく髪にも影響が出てしまいます。

 

疾患が原因の場合

肝機能障害や糖尿病などの内臓疾患などの疾患が原因の場合もあるので、原因にまったく思い当たらない場合は一度病院で検査を受ける必要があるでしょう。

 

薄毛が治らない場合は間違った対策をしている可能性も

「薄毛対策は色々と行っているのに、薄毛が一向に治らない」と感じている人もいるのではないでしょうか。

その場合、自分が間違ったケアをしていないかどうか考えてみてください。間違ったケアが薄毛の原因になっていることも少なくありません。

 

生活習慣の見直し

生活習慣を見直したのに改善されないという場合です。

主に食生活から変える努力をするのが多いと多いと思いますが、一方で過度のダイエットで食事制限をしてはいませんか。

女性にとってのダイエットは永遠につきあっていかなければならないものになるかもしれませんが、髪にいいとされている栄養素だけをとっても薄毛にはあまり効果がありません。

大切なのはバランスの良い食生活なので、そこを間違えないようにしましょう。

 

ヘアケアを見直す

間違ったヘアケアも薄毛を招いてしまうので注意が必要です。

 

シャンプーの選び方

頭皮の状態も顔と同じ。大きく分けると脂性肌と乾燥肌の2つです。

薄毛用のシャンプーも数があるため、どれを選んでいいか迷った結果、人気と書かれた商品を買ってはいませんか?

シャンプーは、頭皮の性質に合わせて選ばないと意味がありません。脂性肌用なのか、乾燥肌用なのか、チェックして買うようにしてみましょう。

また、頭の洗い方にも気をつけましょう。

シャンプーの前にブラッシングをし、その後に一度なにもつけない状態で洗います。

それが終わってからシャンプーをするようにすると汚れが落ちやすくなるため、薄毛が気になっている、将来に向けて対策したいと考えている人は実践してみて下さい。

 

髪の毛の洗い方

シャンプーの種類に気を使っている人がほとんどだと思いますが、洗い方を意識したことはあるでしょうか。

薄毛ケアは頭を洗うところから始まっています。本来のシャンプーとは、頭皮を洗うものですから、髪を洗うと言うよりは頭皮を洗っているという認識を持ってみて下さい。

しかし、綺麗にしようと力を入れすぎてしまうと、逆にダメージになってしまいます。それよりはすすぎ残しなどに気を配りましょう。

 

髪に負担をかける

髪に負担をかけることも間違ったヘアケアであると言えます。カラーリングやパーマをするとどうしても髪や頭皮にダメージがいってしまうもの。

パーマやカラーリングの液が頭皮につくのは、いいこととはいえません。

毎月やっていると髪と頭皮のケアが追いつかなくなってしまうので、薄毛や抜け毛が気になる人は頻度を減らしてみて下さい。

 

まとめ

間違ったケアに、思い当たることはありませんでしたか?

その場合は、速やかに間違ったケアをやめ、髪と頭皮のためになるケアに切り替えてみて下さい。

劇的な変化は訪れないかもしれませんが、間違ったケアをしていては悪化していく一方です。

自分の薄毛は一体何が原因になっているのかを知り、原因に合わせた対処と正しいケアをすることで、薄毛が治るスピードは上がるでしょう。

女性の育毛におすすめ!血行を良くするマッサージ方法

薄毛に悩んでいる女性には、頭皮マッサージがおすすめです。頭皮マッサージには、頭皮の血行を良くして健康な髪が生えやすい状態を作ったり、抜け毛や白髪を防いだりする効果があります。エステや美容院に行かなくても、自宅で簡単に行えるため、ぜひお試しください。こちらでは、頭皮マッサージのメリットとやり方についてご紹介します。

続きを読む 女性の育毛におすすめ!血行を良くするマッサージ方法

抜け毛が気になり始めたら…女性の抜け毛対策に有効な食材の選び方

女性の抜け毛のお悩みには、食生活が関係しているかもしれません。髪は体内に取り込まれた栄養素を元に作られています。そのため、栄養バランスの悪い食生活を続けていると、髪が弱まり、抜け毛が増える恐れがあるのです。こちらでは、髪の健康を保つために役立つ食材をご紹介します。

続きを読む 抜け毛が気になり始めたら…女性の抜け毛対策に有効な食材の選び方

喫煙や間違ったケアで毛が抜ける?女性の薄毛の原因になるものは?

タバコを吸うことで、髪が抜けやすくなるケースがあります。タバコには、血管を収縮させる働きや、神経を興奮させる働きがあるため、髪に悪影響が出るのです。喫煙する方はお気をつけください。また、喫煙以外にも、アルコールの摂り過ぎや偏った食生活、睡眠不足の傾向がある方は注意しておきましょう。こちらでは、髪に良くない生活習慣や間違ったヘアケアについてお伝えします。

その薄毛、喫煙が原因かも?

タバコを吸うとさまざまな健康被害があると言われていますが、その1つが薄毛です。まず、タバコには、神経を興奮させる働きがあります。タバコを吸うことによって脳の中枢作用や自律神経が興奮し、発汗や皮脂の分泌が促進されます。汗や皮脂が増えると、頭皮には雑菌が繁殖し、髪が抜けやすくなるのです。

また、喫煙には血管を収縮させる作用もあります。タバコを1本吸うと、血流が低下して体温が下がり、皮膚の表面温度が2~3度下がると言われています。血流が悪くなると頭皮の毛母細胞にも血が行き渡らなくなり、髪に必要な栄養素が届かなくなってしまいます。

さらに、喫煙は摂取した栄養素を無駄にさせるため、注意が必要です。煙に含まれるシアン化水素は、ビタミン12に結びついて成分を破壊します。また、ビタミンCやビタミンEも、体内に取り込まれた有害物質を代謝するために、大量に使われてしまいます。そして、ニコチンを代謝するためにビオチンも消費されます。

髪の毛は栄養素から作られるため、喫煙で栄養が消費されてしまうと、上手く生成ができません。特にビオチンは、髪の主成分ケラチンを合成するのに欠かせない成分であり、不足すると白髪や抜け毛を招く恐れがあります。喫煙は、髪にさまざまな悪影響を与えるのです。

タバコだけじゃない!薄毛になってしまう原因は?

喫煙のほかにも、薄毛の原因となる習慣があります。その1つがアルコールです。アルコールは肝臓で分解されますが、髪の栄養分も肝臓で作られています。アルコールの分解には栄養分が必要となるため、髪の生成に使われるはずだった栄養分が奪われてしまうのです。お酒の飲み過ぎには注意しておきましょう。

偏った食生活

偏った食生活も薄毛の原因となります。髪は主にタンパク質から作られているため、タンパク質不足には注意が必要です。また、タンパク質を合成するために使われる、ビタミンやミネラルも摂っておく必要があります。タンパク質は肉類・魚類・牛乳・豆乳・卵・豆腐、ビタミンはレバー・うなぎ・ナッツ類、ミネラルはイワシ・ひじき・煮干し・大豆といった食品に含まれています。これらの食品を意識してなるべく多く摂るようにしましょう。

睡眠不足やストレス

睡眠不足やストレスも薄毛の原因になるため、お気をつけください。睡眠不足が続くと、自律神経が乱れて髪の成長が妨げられます。夜10時から朝の2時までの時間帯は、もっとも成長ホルモンが分泌されますが、この時間帯に起きていると、分泌量が少なくなってしまいます。過度なストレスも睡眠不足と同じく、自律神経を乱すことにつながるため注意しましょう。自律神経が乱れると、血行が悪くなり、頭皮に栄養が行きづらくなります。

さらに、間違った髪のケアをすることで、薄毛を招いてしまうケースもあります。髪質や頭皮のタイプは人によって異なり、自分に合わないシャンプーを使っていると、髪を傷めてしまうのです。不適切な洗い方をすることも抜け毛の原因になります。ヘアケアの方法にも注意しておきましょう。

薄毛の改善にはケア方法や生活習慣の見直しを

薄毛を改善するには、生活習慣を見直すことが大切です。タバコをたくさん吸う方はまず量を減らしてみましょう。可能であれば禁煙することをおすすめします。タバコには血行を悪くしたり、髪に必要な栄養を奪ったりするデメリットがあります。男性と異なり、体質が原因で薄毛になる女性はほとんどいません。喫煙をする女性で薄毛に悩んでいる方は、禁煙で改善される可能性が高いため、ぜひ試してみてください。

タバコのほかにも、偏った食生活や睡眠不足が薄毛の原因になることがあります。栄養バランスの悪い食生活を送っていると、髪の元となる栄養素が摂れず、髪が弱ってしまいます。髪の健康を保つためには、タンパク質・ミネラル・ビタミンを毎日摂取するのがおすすめです。食事のみで摂るのが難しい場合は、サプリメントも合わせて飲んでみましょう。

また、間違ったヘアケアも、薄毛を招くためご注意ください。頭皮には、大きく分けて脂性肌と乾燥肌があります。シャンプーは頭皮のタイプに合わせて選ぶのがポイントです。頭皮が脂性肌の方は洗浄力がやや強いものを、乾燥肌の方は洗浄力が弱めで保湿成分が入ったものを使うようにしてください。

髪の洗い方にも気をつけましょう。正しい洗い方は、シャンプーの前にまずブラッシングをします。それから髪をぬるま湯で予洗いし、シャンプーをよく泡立てて付けます。指の腹を使ってマッサージするように洗いましょう。シャンプーが残らないように丁寧にすすいだら完了です。ブラッシングや予洗いをすると、汚れが落ちやすくなるため、ぜひお試しください。

生活習慣が乱れていたり、間違ったヘアケアを行ったりしていると、女性でも髪が薄くなってしまうことがあります。しかし、生活を見直せば、薄毛の改善が可能です。最近、髪が薄くなってきたと感じる方は、まず生活習慣を改善してみましょう。

ダイエットのし過ぎで女性の髪の毛が減ってしまう?対処法は?

食事制限を中心にダイエットを行う女性がたくさんいらっしゃいます。しかし、きちんと栄養が摂れていないと髪の毛に栄養が行き渡らず、薄毛になってしまうケースがあるのです。

続きを読む ダイエットのし過ぎで女性の髪の毛が減ってしまう?対処法は?

女性の抜け毛、気になるその原因は?

シャンプーの後の排水溝、ドライヤーの後の床、ブラッシングの後のブラシ…抜け毛の量にハッしたことはありませんか?
髪は毎日自然に抜けるものですが、その量の多さに不安に駆られる女性も多いのでは?
そもそも抜け毛が発生する原因は何なのでしょうか。

続きを読む 女性の抜け毛、気になるその原因は?

女性の育毛を促す薬ってご存知ですか?薬だけじゃない!女性の育毛事情

多くの方が薄毛や抜け毛でお悩みです。この数年で女性でもお悩みの方が増えてきているようです。

育毛対策として考えられるのが「薬」の服用ではないでしょうか。
ただ、テレビや雑誌などで目にする育毛の薬の多くが男性向けのもの。市販の育毛剤を試してみようにも、女性にとってはちょっとハードルが高く感じてしまいますよね。

続きを読む 女性の育毛を促す薬ってご存知ですか?薬だけじゃない!女性の育毛事情