女性のつむじはげを隠す!頭頂部の薄毛にもおすすめの隠し方やヘアスタイルは?

つむじはげは髪形を変えたりヘアアレンジをしたりするだけでも隠すことが可能です。

自分でもできるヘアアレンジをいくつかご紹介するので、試してみてください。

他にもウィッグを使うなど、上手に隠しながら育毛ケアをしていけば周囲にもつむじはげだとバレずに済みます。

 

女性のつむじはげにおすすめの隠し方

①ウィッグを使う

装着するだけでつむじを隠せ、髪にボリュームも出せるウィッグには、頭頂部専用の部分ウィッグと頭全体に被せるフルウィッグがあります。

つむじはげだけを隠したいのであれば、部分ウィッグにすると自然にボリュームアップできるので、明らかにウィッグだとバレることもありません。

部分ウィッグではなくあえてフルウィッグを使うことにより、おしゃれを楽しむという方法もあります。

モデルや役者もフルウィッグを使うことで役を演じているぐらいなので、女性がウィッグで髪のオシャレを楽しむことは何もおかしくありません。

フルウィッグを使えばその日の服装や気分に合わせて違う自分になることができます。

ショートにロング、カラーも変えてみるなど、せっかくですから変化を楽しんでみてください。

ウィッグはオーダーメイドもありますが既製品もあります。

会社へ行くときに毎日装着するためのものはオーダーメイドで部分用を、休日遊ぶようであれば既製品でフルウィッグを使うというように、どちらも用意しておくと便利です。

 

②髪型を変える

・分け目を変更する

つむじが目立つ状態であれば、分け目を変えることで少しでもダメージをやわらげることができるので、薄毛の進行も遅らせることができます。

まずは分け目を変えて、薄くなってしまっているつむじを隠してしまいましょう。

変える目安は2~3カ月であり、お風呂から上がった後にドライヤーで髪を乾かしながら新しい分け目を作り固定してください。だいたい2~3日で新しい分け目が定着します。

・後ろ髪を前髪にする

後ろ髪を前に持ってくることで、前髪でつむじはげを隠す方法です。

前に後ろ髪を持ってきすぎると不自然になってしまうので、いつもの前髪よりも2cmぐらい後ろの髪を持ってくるようにしましょう。

分け目を変更するときと同じように、お風呂から上がった後で後ろ髪を1部前にもってきて、髪をとかしながらドライヤーをかけ、癖をつけていきます。

最初は長さが揃っていないので切りそろえる必要がありますが、自分で難しければ美容院で整えてもらったほうがいいでしょう。

・ショートスタイルでボリュームを出す

エアー感を出してボリュームを持たせたい場合、ロングではなくショートスタイルでパーマにすると、自然に頭頂部の薄毛状態を改善できます。

ロングだとどうしても頭皮を引っ張りがちであり、分け目がますます目立っていってしまうからです。

そのためつむじはげにショートスタイルはおススメの髪形になります。

ショートだといろいろなアレンジもしやすいので、ワックスなどを使ってアレンジを楽しんでみてください。

 

③ヘアアレンジで隠す

髪が長ければ前髪と共に髪をすべて後ろに持ってきてひとまとめにするといった、簡単なヘアアレンジでつむじはげを隠すことができます。

ポニーテールは頭皮に負担がかかると思われがちですが、ふんわりと結べば負担をかけずにアレンジできるなど方法は存在します。

ヘアアレンジで隠すときは分け目を作らずに髪の毛を結ぶのがうまく隠すコツです。

また、同じヘアアレンジをし続けるよりも違うヘアアレンジにしたほうが、頭皮の1部分だけ集中して負担をかけることなくアレンジができます。

 

つむじはげを隠したい女性におすすめのヘアアレンジ3選

①アップスタイルでつむじを隠す

頭頂部にお団子を作るといったアップスタイルは、直接つむじはげを隠せる最適な方法です。髪にハリやコシがなくても、ワックスがあればアップスタイルは作ることができます。

  1. 髪全体にブラシを使いながらワックスをなじませていきます。
  2. お団子を設置したい場所に髪の毛をまとめて、ゴムで結びます。
  3. まとめた髪の束をくるくるとねじり、ゴムを隠すようにして巻き付けます。
  4. ヘアピンで何カ所か固定します。

髪の毛が少なくてうまくお団子が作れないという人は、あらかじめお団子がついているシュシュを利用するという手があります。

お団子は作れるけれども小さくなってしまう場合は、髪を束ねたときに根元に向かって櫛で逆毛を立て、ゆるくねじって固定し、スプレーで固めるようにしてください。

注意点としては毎日同じ場所にお団子を作らないことです。

頭皮にダメージを与えてしまうので、違う場所にしたり10日ごとにしたりするように留めましょう。

高めの位置だと子どもっぽく見えるのが気になるという人は、少し低めの位置につくり何カ所か髪をつまんで引き出すと、大人の雰囲気を出すことができます。

 

②ポンパドールでつむじを隠す

ポンパドールは前髪にボリュームを持たせながら上げるヘアスタイルのことです。前髪が長いという人におススメの隠し方になります。

前髪をつむじはげになっている部分へと被せるように作るのがポイントです。

上げるには少し長さが足りないという場合は、周りの長い髪の毛も一緒に上げることでポンパドールにすることができます。

  1. 前髪をまとめて後ろ側を櫛で毛根に向かって逆立てます。
  2. つぶさないようにしながら1回転半ほどねじります。
  3. 少し前に押し出し、不自然にならない程度の高さにします。
  4. 束の先をピンで留めます。

ポンパドールはドレスアップしたときでも似合う髪形なので、結婚式でもしていくことが可能です。

作るときもピンがあればすぐに完成することから、日常的につむじはげを隠したいときに使える方法でもあります。基本のポンパドールに慣れてきたら、センターツイストや斜めなどにも挑戦してみてください。

 

③ヘアアクセサリーを使う

自分でうまくお団子が作れない、ポンパドールも失敗するという女性はヘアアクセサリーを使うといいでしょう。

簡単に使えるヘアアクセサリーとしてはカチューシャがあります。

幅の広いカチューシャを使えば生え際が隠せますし、幅の狭いタイプでもオールバックにするという方法でつむじはげを隠すことが可能です。

カチューシャが硬くて苦手な女性はヘアバンドを使ってみてください。

ヘアバンドの代わりにハンカチを畳んで使うという方法もあります。

頭の上でひと結びするもよし、つむじ部分に被せて後ろで結ぶもよしです。

 

まとめ

つむじはげはお団子やポンパドールなど、ヘアアレンジで頭頂部にボリュームがあるように見せることで隠すことができます。

ウィッグやヘアバンドを使いオシャレを楽しむのもいいでしょう。

思い切って髪形をショートにしてパーマをかけ、ボリュームを出すのもアリです。

まずはすぐにでもできる分け目を変更することから始め、つむじはげを隠すと同時に進行させないようにしましょう。