後頭部のつむじ割れを隠す方法46選|髪型やスタイリングで分け目を消す

つむじ割れというのは自分ではなかなか気がつかないものですが、他の人からすると意外に目立つポイントです。一度気がついてしまうと周囲の視線が気になるこのつむじ割れ、髪型を変えることによって上手に隠すこともできます。

つむじ割れを隠す髪型やスタイリングはたくさんありますので、自分に最も合ったデザインを研究するのも一案です。

ここではつむじ割れを隠してキレイに見せる髪型やスタイリングをいろいろご紹介していきましょう。

後頭部のつむじが割れる原因

つむじというのは頭頂部近くにできる渦巻状の毛の流れのことで、人によって2つあることもあれば、右巻きではなく左巻きであることもあります。

髪がふさふさしている間はあまり気にならないこのつむじですが、毛が薄くなってくるとつむじが割れて薄毛をより目立たせることにもなってしまいます。

後頭部のつむじが割れる原因は大きく分けて「ヘアカラー」「ヘアスタイル剤」「いつも同じヘアスタイル」の3つに分けることができます。

このうち、ヘアカラーによるダメージというのはつむじ割れに限らず髪の毛全体に影響を与える要因です。ヘアカラーには頭皮や髪の毛を劣化させるさまざまな原料が配合されていますので、乱用すると髪のボリュームが減ってしまう危険性があります。髪のボリュームが減ることでつむじが見えやすくなり、つむじ割れが目立つようになるわけです。

ヘアスタイル剤に関しても、つむじが見えないように使用し続けていると液剤が毛根を塞いでしまうことになり、薄毛を悪化させてしまいます。

つむじを隠したい人は、ヘアスタイル剤をできるだけ使わないような工夫をしたいものです。例えば、シャンプーをした後はつむじが見えないようなヘアスタイルに整えながら髪を乾かしていけば、無理にヘアスタイル剤を使用する必要もなくなります。

また、ヘアスタイルをいつも同じにしていると分け目部分から薄毛が進行していくことも考えられますので、定期的に分け目を変えてみるといった工夫も大事です。

後頭部のつむじ割れを隠せる髪型

「つむじ割れ」とひとくちには言いますが、実はつむじ割れにはいくつかのタイプがあり、これを隠すためにはそれぞれのタイプに合った髪型を工夫することが大切になってきます。以下につむじのタイプ別のおすすめ髪型を見ていきましょう。

枝分かれしているつむじ割れ

つむじというのはもともとそこから放射状に髪の毛が渦巻いているものですが、加齢やストレスが重なるとつむじ部分の毛が薄くなって枝分かれしているように見えることがあります。

この枝分かれが3つある場合にはシャンプーをした後、髪がまだ濡れている状態でドライヤーを左右に当てて乾かすのがおすすめです。

4枝分かれしているつむじ割れを隠せる髪型
つむじが4枝に別れているような場合にはヘッドスパなどで頭皮に活力を与え、弾力を蘇らせることによってつむじがめだたないようにするのがベストです。

2つあるつむじ割れ

つむじは通常(90%以上の人)はひとつだけですが、2つある人も7%ほどいます。こういうタイプの人は毛の自然な流れに沿ってヘアスタイリングをしようとしても難しいので、全体にふんわりとパーマをかけてみるのも悪くありません。

  • マニッシュショート

キュートにもクールにもなれるこなれ感のあるヘアスタイル

  • ニュアンスカールボブ

全体にパーマをかけてボリューム感を出し、動きのある雰囲気に

  • ワンレンセミロング

パーマをかけてほどよい軽さを演出できます

  • ゆるふわウェーブ

前髪によって印象を変えることができます

横に広がるつむじ割れ

つむじが横に広がっている人は後頭部に丸みが見られず、頭頂部から絶壁状態で髪の毛が下にストンと落ちていることが多いものです。そのため、横に広がるタイプのつむじ割れもトップにふんわりとパーマをかけられる髪型が効果的です。

髪の毛が重すぎてもペタンコになりやすいので、短めのスタイルの方がふんわりさせやすいです。

  • ショートウルフボブ

トップを長めにし、丸みのあるシルエットを作ります

  • エアリーショート

頭のシルエットがキレイに見える形をスタイリング

  • くせ毛風ショート

トップに強めのパーマを巻くことでボリュームUP

  • ひし形シルエットのワンカールパーマ

毛先にワンカールパーマをかける事によって綺麗なフォルムを作り上げます

  • レイヤーボブ

後頭部に丸みをもたせてバランスの良いシルエットに

    縦長のつむじ割れ

逆に縦長につむじが割れている人は、前髪の両サイドをラウンドにカットするのがコツです。

  • フラッフィーバング

ふんわり可愛い女の子らしいナチュラルスタイルを作り上げることができます

  • 厚めにとったぱっつん前髪

トップから前髪をつくると厚みが出ます

  • シースルーバング

トップがふんわりするので、小顔に見えます

後頭部のつむじ割れを隠せるスタイリング

髪型にこだわらなくても、カーラーやドライヤーなどのツールを利用してつむじを隠すことも可能です。

カーラーの巻き方

つむじ割れというのは結局髪にハリとコシがなくなるために起こる現象ですから、これを隠すためにはカーラーを巻いてボリューム感を出すのも効果的です。
以下にマジックカーラーを使ったボリュームの出し方を見ていきましょう。カーラーを3つ巻くだけで自然なボリューム感を出すことができます。

  1. 最初にトップの毛を持ち、倒して巻きます。
  2. 巻いたカーラーにぶつかるくらいに倒して2つめと3つめのカーラーを巻きます。
  3. 巻いたカーラーに温風を10秒・冷風を10秒当てます。
  4. カーラーを外したら自然な丸みが出るように整えます。

アイロンのかけ方

アイロンを使ってもつむじ割れを上手に隠すことができます。

  1. まず、つむじ周りの毛束を手に取ります。このとき、毛束の量が多いと熱がうまく伝わらないので小束を何回かに分けて取るとより効果的です。
  2. 根元にカールアイロンを当て、毛流れと逆の方向にアイロンを滑らせます。
  3. 薄いつむじや分け目のあたりの毛束すべてにこの作業を行います。

ドライヤーのかけ方

アイロンの操作に慣れていない人は、ドライヤーでボリュームを出す方法がおすすめです。

  1. 髪の根元が立つように、ドライヤーは髪の内側から当てるようにします。
  2. 分け目を作らないように注意しましょう。
  3. 頭頂部と後頭部にボリュームが出るようすることも重要なポイントです。

ヘアリセッターの使い方

ヘアリセッターとは、根元の絡んだ髪の毛だけをキャッチして切ったり、とかしたりすることのできるヘアリセッター(特許取得済み)もつむじ割れ隠しには最適です。
つむじが分かれている、ボリュームが出なくてつむじが目立ってしまうといった悩みを持っている人はこのヘアリセッターを試してみましょう。

増毛エクステでつむじ割れを隠す

ドライヤーやアイロンを使用してつむじ割れを隠す方法をご紹介しましたが、これらのツールは髪に熱を与えるため、毎日毎日実践していると同士手も髪の毛にダメージを与える心配があります。また、毎朝忙しい時間帯にアイロンを使うのもけっこう大変な作業です。

朝の貴重な時間を費やさず、しかもしっかりとつむじ割れをカバーしたい人には増毛エクステもおすすめです。増毛エクステは一度施術を受ければ長期間は特別なケアも必要ありませんので、仕事が忙しい女性にはぴったりです。

しかも費用の方もそれほど高くないので、一度検討してみてはいかがでしょうか。ウィッグとは違い、毎回装着する必要もありませんし、自分の髪と同じ感覚でとかしたり洗髪できたりできるので、仕上がりもごく自然です。

増毛エクステにはさまざまなタイプがありますが、つむじや分け目部分のボリュームアップに必要な本数は約400本です。400本というと費用は10,000〜20,000円ですからそれほど高くはありません。

増毛エクステでは地毛に2〜4本の高級ファイバーを結んできますが、施術時間は60分で400本程度が目安です。地肌や髪の毛に負担をかけることは一切有りませんので、誰でも安心して利用することができます。

サロンによっては増毛施術が終わった後にヒト幹細胞美容液注入サービスを行っているところもあり、頭皮の内側から頭髪の生育を促進してくれますので試してみる価値はあります。

ヘアピース(部分ウィッグ)でつむじ割れを隠す

増毛エクステやドライヤー、ヘアリセッターなどよりももっと手軽につむじ割れを隠す方法、それがヘアピースです。ヘアピースというと「フルウィッグ」や部分的な薄毛をカバーする「ハーフウィッグ」などがありますが、頭頂部のつむじ割れだけを目立たないようにカバーしたいのであればハーフタイプよりも小さめの「トップピース」が便利です。

トップピースは手の平サイズで自分の髪ともなじませやすく、装着したときの違和感というのはほとんどありません。もちろん他の人が見ても部分ウィッグを付けていることを気づかれる心配はまずありません。

価格的にも小さいものであればそれほど効果ではありませんので、実際に買ってみて試してみるのも悪くありません。トップピースのお値段は5万円以上するものもありますが、いろいろ探してみれば3,000円程度でも購入することができます。

大きさはつむじから16〜19cm程度のものが多く、クリップで固定するようになっています。

自分の毛質と髪色に合わせたオーダーメイドのトップピースとなるとお値段もかなり高くなりますので、気軽に試してみたいのであれば数千円のもので十分です。ただ、安いトップピースは色数が少ないので、買った後にトップピースの色に合わせて地毛を染める必要があるかもしれません。

つむじ割れ隠しにはシニョンやポニーテールになったつけ毛タイプのウィッグも便利です。シニョンタイプはバレッタでがっちりと付けますのでずれる気遣いもありません。

まとめ

つむじ割れは、そのまま放置しておいても自然に改善することはありません。分け目を変えたりヘアスタイルを工夫したりするだけでもだいぶ若々しい印象になるものです。

コンプレックスはちょっとした工夫で改善することができますから、アイロンや部分ピース、増毛エクステなどは存分に活用したいものです。