キャピキシル配合シャンプーを女性が利用するメリット|おすすめ3選

毛根を元気にして発毛や育毛を促進する効果が期待できると話題のキャピキシル。
どんな成分なのかご存知でしょうか。
女性でも安心して使える育毛成分のキャピキシルについて、詳しくご紹介します。

今話題のキャピキシルとは?

ミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われ、話題になっているキャピキシルは、カナダの「LUCAS MEYER COSMETICS社」という化粧品メーカーが開発した育毛成分です。
注目されているのはその効果と安全性。
アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という天然成分が主体となっていて、体に有害となる成分や副作用を起こす可能性のある物質は入っていません。
ではその2つの成分には、どんな働きがあるのでしょう?

・アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花エキスはレッドクローバーとも呼ばれ、古くからある薬用ハーブの一種です。
抗炎症作用があり浄化作用に優れているため、湿疹や皮膚炎などの肌トラブルに効果があります。
またエストロゲンのような作用で、更年期やPMSの改善にも用いられます。
このアカツメクサ花エキスには、ビオカニンAというイソフラボンの一種が豊富に含まれています。
ビオカニンAは女性ホルモンと良く似た構造を持ち、AGA(男性型脱毛症)の原因とされる脱毛因子DHTを生成する5αリダクターゼの活動を抑制します。
この作用は発毛成分として有名なフィナステリドと同じものです。

・アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は4つのアミノ酸で構成された成長因子です。
非常に強い細胞修復作用を持ち、弱った毛母細胞を元気に回復させて毛包の働きを維持する効果があるとされています。
キャピキシルを開発したLUCAS MEYER COSMETICS社の実験データによると、毛母細胞の培養実験を行った結果、ミノキシジルとアセチルテトラペプチド-3の間に約3倍の活性度の違いが出たということが公表されています。
これがミノキシジルの3倍の効果を持つと言われるようになった理由です。

キャピキシルは女性が使用してもOK?

キャピキシルはもともと男性用の育毛剤に配合されていた成分でした。
特に女性用として優れた特性があるというわけではありません。
しかし女性が使ってはいけないという成分も入っていないのです。

・フィナステリドやミノキシジルは男性用

これまで男性用育毛剤に配合されてきた成分というのは、女性が使うには成分がつよすぎたり、副作用や妊娠した場合は胎児への影響もあることなどから、女性の使用が禁止されたり制限されていました。
そのために薄毛に悩む女性は、男性に比べると改善効果が低い成分の育毛剤を使うしかありませんでした。
また薄毛の原因の多くがAGAである男性と違い、女性の薄毛にはさまざまな要因が複雑に絡み合っているため、男性用と同じ育毛剤が女性にとっても効果的というわけでもありません。
女性は女性の悩みに特化した育毛剤、というのが主流でした。

・男性も女性も使える育毛成分

ところがキャピキシルは天然成分で安全性が高く、その上高い育毛効果が期待できます。
女性が使っても何の問題もなく、男女で共用することもできるというのも大きな特性と言っていいでしょう。
キャピキシルはAGAの改善に効果を発揮しますが、女性の薄毛の原因として多いびまん性脱毛症にも大きな効果が期待できます。
びまん性脱毛症は女性男性型脱毛症(FAGA)とも言われ、抜け毛がひどく髪の毛全体が薄くなってしまうという特徴があります。
AGAとの違いは明確にはなく、ほぼ同じものと考えられていますので、キャピキシルの主成分であるアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3が効果的に作用してくれることが期待できます。
キャピキシルは脱毛ホルモンの働きを阻害して毛根が弱るのを止め、ヘアサイクルの乱れを元に戻すとともに毛母細胞を復元させて発毛を促進、その相互作用で薄毛を改善してくれるという成分です。
ミノキシジルよりも優れた効果を持つと言われる成分が、女性でも安心して使えるのは嬉しいことです。

キャピキシルの副作用とは?

キャピキシルは育毛効果に優れている成分だけに、使用したときの副作用が気になるかもしれません。
確かに効果が高ければそれだけ副作用の心配もあるはず、と考えるのが普通ですね。
ところがこのキャピキシルには、副作用といえるような副作用はほとんどありません。
その理由は次の通りです。

・開発した会社が明言している

キャピキシルを開発したLUCAS MEYER COSMETICS社が検証した結果、副作用は確認されませんでした。

・副作用の報告がない

今のところキャピキシルを使用したことによる副作用の報告はありません。

・医薬品ではない

キャピキシルは医薬品ではなく化粧品に分類されています。
内服するわけでもなく、薬用成分が入っているわけでもないので、重篤な副作用の心配はありません。

・天然成分でできている

主成分であるアカツメクサ花エキスは、ハーブであるレッドクローバーから抽出したエキスで、アセチルテトラペプチド-3はアミノ酸です。

これらの理由から考えてみても、キャピキシルには副作用はほとんどないということが言えますし、それが女性でも安心して使えるキャピキシルの大きなメリットでもあります。

ただしどんなものにも絶対はありません。
敏感肌の人が使用してかゆみや発疹が出る可能性はあります。
また効果の高い他の育毛成分と同じように、初期脱毛が起こることも考えられます。
初期脱毛の場合は副作用というよりも、薄毛改善への第一歩といえますので、ポジティブにとらえても良いのではないでしょうか。

キャピキシル配合の女性におすすめシャンプー3選

育毛成分キャピキシルが配合された、女性にぜひ使ってみてほしいおすすめのシャンプーを、厳選してご紹介します。
気になるシャンプーがあったら、ぜひ実際に試してみてください。

・haruシャンプー

頭皮の汚れを取り除いてすっきり整え、美容成分を与えるノンシリコン、オーガニック、無添加のオールインワンシャンプー。
3種のココナッツ由来アミノ酸系洗浄成分で、頭皮を優しく洗いながらたっぷりと保湿してくれます。
33種のエイジングケア成分を配合し、ボリューミーでハリのある髪を保ちます。
価格は1本3,600円(税別)ですが、400mlでたっぷり2ヶ月使えます。
コンディショナーもトリートメントもいらず、このシャンプーだけでヘアケアができるのでコスパもいいです。
お得な定期コースやセット価格もあります。

・スカルプD ディグニティ プレミアムシャンプー

キャピキシルの他にもノコギリヤシ成分やモウソウチクたけのこ皮エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、などを贅沢に配合したワンランク上のシャンプーです。
ノンシリコン、パラベン、石油系界面活性剤、合成着色料、フェノキシエタノールフリーで髪に優しく、クリーミーでなめらかな泡立ちで、うるおいを守りながら頭皮の汚れを落とします。
価格は1本10,580円 (税込)とかなり高めの印象がありますが、推奨の2プッシュで2ヶ月、1プッシュなら4ヶ月使えます。
容量は350mlで、価格が15%オフになる定期購入コースもあります。

・フィンジア シャンプー

製薬会社、スカルプケアメーカー、スカルプケアサロン、毛髪診断士が共同研究・開発して作られたこだわりのシャンプー。
キャピキシルはもちろん、ヘアケアに有効な成分ピディオキシジルや、フィンジアに使われる和漢素材、20種類の成長成分などを配合し徹底して髪の毛に栄養を与えつつ汚れを落とします。
価格は1本300mlで5,980円(税込)、約1ヶ月使えます。
このシャンプーの内容と品質を考えるとコスパは悪くないといえるでしょう。
2本セットは9,700円、3本セットなら13,440円と4,500円お得です。

それぞれにこだわりの成分が配合されたヘアケア用のシャンプーですが、発毛・育毛効果が医学的に確認されているわけではありませんので、購入の際には注意してください。

まずは手軽にシャンプーからキャピキシルの効果を体験

育毛に優れた効果を発揮すると期待されているキャピキシル。
まずは手軽にシャンプーから使って、その効果を体験されてみてはいかがでしょうか。
毛根が元気になれば髪の質も変わり、ハリやボリュームのある髪の毛も取り戻せるかもしれません。