女性の薄毛対策におすすめの食事は?抜け毛や薄毛対策に必要な栄養成分は?

カラーやパーマ、ダイエットなどを繰り返し行っている女性にとって悩みのひとつなのが薄毛です。ヘアケアは十分に行っているはずなのにこのごろ髪にボリュームがなくなってきたというときは、育毛シャンプーなどを使用すると同時に薄毛対策に効果のある食事を積極的に摂ることも大切です。
ここでは薄毛に効果のある栄養素や食品について詳しく見ていきましょう。

女性の薄毛対策に食事でとりたい栄養素は?

髪を作る働きをするタンパク質

私たちの髪の毛の約80%はタンパク質でできているといわれています。ですから野菜中心のダイエットなどによってタンパク質を制限した食生活を続けていると髪に栄養分が行き渡らなくなり、髪がどんどん痩せてきて薄毛になってしまうという現象がみられます。
ですから同じダイエットをするのであれば乳製品や卵、牛肉などを抜かずに炭水化物を制限する方法できれいに痩せれば髪質が劣化することもありません。
くれぐれも毎日生野菜だけなどという無理なダイエットはしないようにしましょう。

薄毛の予防に必要なミネラル(亜鉛・ヨウ素)

私たちが健康で美しい身体を保つためには種々のミネラルが必要ですが、中でも薄毛対策に効果的なのが亜鉛です。せっかくタンパク質をたくさん摂取しても亜鉛を十分に摂っていないとタンパク質から髪の毛を効率よく作ることができません。
亜鉛はともすると不足しがちなミネラルですから、積極的に毎日の食卓に乗せるように心掛けることが大切です。亜鉛をたくさん含んだ食品としてはアーモンドや牡蠣、ウナギなどが挙げられます。
もうひとつ、ヨウ素も髪を美しく保つためには欠かせないミネラルです。ヨウ素は昆布やワカメ、ひじきなどにたくさん含まれていますから、日本食をメインにした食事をもっと見直すようにしたいですね。

髪や頭皮の健康を保つビタミン

タンパク質・ミネラルと共に毛髪の生育に欠かせないのがビタミンです。各種のビタミンにはそれぞれに人体に欠かせない働きがありますから、バランスよく摂りたいものです。頭皮の乾燥やフケなどを解消するためにはビタミンAがおすすめです。
ビタミンBの中では特にB6が毛髪にとっては大事ですし、髪のしなやかさをキープしてくれるコラーゲンを保つにはビタミンCが不可欠です。さらに強力な抗酸化作用を持つビタミンEも十分に摂取することが美しい髪作りにつながります。

女性の薄毛対策におすすめの食事・食べ物は?

女性の薄毛対策に効果がある食べ物といっても、何も特別なものを食べる必要はありません。手軽でしかも効果の高い食品の筆頭は何といっても卵です。卵には髪を形成する主原料であるタンパク質やミネラル、亜鉛、さらに鉄などがたっぷりと含まれています。

納豆や大豆

女性の薄毛には女性ホルモンの減少が大きく関わっています。この女性ホルモンによく似た働きをする大豆イソフラボンがたっぷりと含まれている納豆などの大豆製品は毎日欠かさず食べたいものです。

牡蠣

牡蠣には「ケラチン」と呼ばれる髪の原材料となるタンパク質をつくる亜鉛がたくさん含まれています。生牡蠣を始終食べるのには抵抗がある人でも、牡蠣フライなどの形にすれば献立に組入れやすくなりますのでぜひ試してみてください。

いわし

いわしには血液をさらさらにしてくれるエイコサペンタエン酸という成分がたくさん含まれており、頭皮の血行をよくして薄毛を改善してくれます。いわしに限らずサバなどの青魚にも同様の効能がありますから、煮魚や焼き魚の形で週に2〜3回は食べることで薄毛を改善できるばかりか、髪にツヤも出てきます。

昆布

昆布に含まれる「フコダイン」という成分には優れた育毛成果があります。昆布はおでんの具材として食べる他にも佃煮などのようにちょっとしたアクセントとして食べる方法がありますから、できるだけ毎日摂取するのが理想的です。

レバー

女性は生理や出産で貧血になりがちですが、貧血は薄毛の原因のひとつです。ヘム鉄を多く含んだレバーを食べて血流をよくしましょう。へム鉄というのはビタミンCと合わせて食べると吸収率がUPしますから、豚レバーや鶏レバーの炒めものにレモン汁をかければ理想的です。

緑黄色野菜

緑黄色野菜の中でも特におすすめなのがニンジンやブロッコリー、ほうれん草などです。特にニンジンに含まれているビタミンAは皮膚の新陳代謝を促して頭皮をしっかりと保湿してくれます。細胞分裂を促進してくれるビタミンBが豊富なカボチャも週に少なくても一度は食べたい緑黄色野菜のひとつです。

アーモンドなどナッツ類

ナッツ類には良質なタンパク質やビタミンEがたくさん含まれています。ビタミンEには血行をよくしてくれる働きがありますから、毛根に栄養供給をするには最適です。ナッツ類の中でも特にクルミには亜鉛やビオチン、オメガ3脂肪酸がたっぷりと含まれていますから、お腹がすいたときはスイーツやジャンクフードを食べる代わりにナッツ類をつまむことをおすすめします。

乳製品

カルシウム量が低下すると毛髪の生成力が衰えるばかりではなく、ストレスが増加して頭皮の血行が悪くなりますから、乳製品は欠かさず摂るようにしたいものです。特にカルシウムは亜鉛と一緒に摂取することでよりよい効力を発揮しますから、両方の栄養素がバランスよく取れているスキルミルクやチーズ、牛乳などは育毛には理想的な食品ということができます。ヨーグルトもおすすめですが、できれば無糖のものを選びたいものです。

髪に悪影響!避けたい食べ物は?

肉類の過剰摂取

肉類にはタンパク質が含まれているため、全く肉類を食べないとなると薄毛を助長してしまうことにもなりかねませんが、かといって過剰摂取も考えものです。毎日肉類を中心とした食生活をしていると頭皮の血行が悪くなってしまい、いくら高価な育毛シャンプーなどを使用しても思ったとおりの効果が得られなくなってしまいます。

ジャンクフード

ストレスを紛らわすためにジャンクフードを食べる人も多いと思いますが、ジャンクフードのほとんどは塩分や糖分、そして化学調味料が大量に使用されていますから、食べ過ぎると身体の老化を早めてしまうことになります。

アルコール

ビール一杯あるいはワインをグラス一杯程度たしなむのであれば問題はないのですが、度を越してしまうと内臓に負担をかけてしまい、毛髪が育つはずの時間帯に出る成長ホルモンも極度に減少してしまいますので注意しましょう。

食事を上手に摂るか摂らないかで毛髪はもちろんのこと、身体全体の健康にも大きな影響が出るものです。薄毛対策に効果のある食生活というのは結局健康を維持するためにも役立つわけですから、和食中心で節度をわきまえた献立を実践することをおすすめします。