育毛剤?発毛剤?違いってなんなの?安心して飲むならサプリメントがおすすめ♪

薄毛に困っている方なら、薬での対策も一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
最近では、病院でもAGA(男性型脱毛症)の治療として薬が処方されることも珍しくなくなりました。

でもAGAの治療に関するテレビCMはほとんど男性が出演していて、どことなく女性とは関係がなさそう、そんな気がしませんか?

女性の薄毛対策といえばウィッグが思い浮かびますが、気持ちとしてはちゃんと自分の髪の毛がいいのと思っているのが本当のところ。やっぱり薬で予防・改善できるなら試してみたいですよね。

育毛剤と発毛剤って何が違うの?

「育毛剤」と聞いて思い浮かぶのが「塗る」タイプが多いと思いますが、実は「飲む」タイプ」の育毛剤もたくさんあります。

飲むタイプは塗るタイプとは髪の毛へのアプローチの仕方が違います。

塗るタイプは直接頭皮に成分を塗って血行促進などを促すものですが、飲むタイプは体内から必要な栄養素を髪の毛に送ること、髪の毛の育成を促す仕組みになっています。

そのため飲むタイプの育毛剤はいわゆる「サプリメント」=栄養補助食品として販売されていることが多いです。

そこが「育毛剤」と「発毛剤」の違いになってきます。
では、「発毛剤」とは一体何でしょうか。

簡単に説明をすると、「発毛剤」とは「医薬品として認可されているもの」なのに対し、「育毛剤」は「医薬品ではないが髪の毛に働きかける成分が入っているもの」と言えます。

発毛剤とは

一般的にはAGAの服用治療薬のことを指します。

日本では主にプロペシアとザガーロの2種類が認可されていて、それぞれAGAの原因となる「リダクターゼ」の働きを阻止する働きが認められています。

ただ、医薬品なのでその効果はピンポイントになるのでAGAのみに働きかけるもので、薄毛の原因が本当にAGAなのかどうかを見定めたうえで処方する必要があります。

5α-リダクターゼやDHTが原因となる薄毛(AGA)にのみ効果が認められますので、その他の薄毛症状には効果は期待できないでしょう。

参照:育毛サプリランキング

またどの薬でもいえることですが、作用をもたらすということは副作用もあります。
先程名前が挙がったプロペシアやザガーロも蕁麻疹や性機能障害といった、望ましくない影響を体に及ぼすこともあります。

育毛剤とは

医療的な効果や働きは認められていませんが、髪の毛を構成している成分や育毛に良いと言われる働き(血行促進)を促す成分が入っているものを「育毛剤」と呼んでいます。

食事でもとることができる成分ですが、日頃口にするものだけでは補いきれない成分を取れるという点で、育毛剤は「サプリメント」として販売されることが多いです。
サプリメントなので発毛剤とは違い、副作用の心配もありません。ただし、効果を期待して一度にたくさんの量を飲むと、思わぬ影響があるため、そこはお気を付けください。

また、髪の毛に良い成分は、体の他の箇所にも良い成分である場合もありますので、髪の毛の育毛だけでなく、例えば爪につやが出たり肌が綺麗になるなどの効果も聞かれます。

まずはサプリメントから始めるのがおすすめです♪

ご紹介したように、女性で薄毛にお困りの方でしたら、発毛剤を飲み始めるよりも育毛剤をおすすめします。

育毛サプリメントをお飲みいただき、まずは髪の毛に必要な栄養を取り入れて髪の毛が生える環境を整えることがとても重要なことです。

今はウィッグで隠していても、ちゃんと栄養を補えればきっと髪の毛にも変化が見られてきて、ウィッグ無しでも過ごせるようになるかもしれませんね♪