更年期になったら抜け毛がひどい!女性の更年期の抜け毛の原因とおすすめ対策法

更年期になると、急に抜け毛が増えたと感じている方もいるでしょう。しかし、対策をすることで抜け毛を減らせる可能性があります。食事や頭皮マッサージ、漢方、ヘアケアなど様々な対策法があるので、様々な方法を用いてしっかり対策していきましょう。こちらでは、女性の更年期の抜け毛の原因とおすすめの対策法をご紹介します。

「更年期の抜け毛の原因は?女性ホルモンが影響している?」

更年期の抜け毛の原因は、女性ホルモンのエストロゲンの低下です。更年期とは、閉経の前後10年のことを指します。日本人女性の閉経の平均年齢は50歳なので、大体45~55歳が更年期となります。この時期には、更年期障害といって倦怠感やイライラ、ほてりなど様々な不快な症状が現れる場合があります。

このような症状は、更年期に伴って女性ホルモンのエストロゲンが大きく低下することで引き起こされるのですが、この影響が髪にも及んで抜け毛が増えるのです。エストロゲンには、髪の成長を促す働きがあります。そのため、エストロゲンが減少すると、髪の成長が抑制されて、細くて弱々しい髪が増えてしまいます。このような状態が続くと、髪のボリュームが失われて薄毛になるのです。

「更年期の薄毛には2種類ある」

更年期の薄毛には、びまん性脱毛症と女性男性型脱毛症(FAGA)があります。それぞれの違いをご紹介します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、先に紹介したエストロゲンの減少によって、髪全体のボリュームが失われる脱毛症です。髪の密度が減ることで薄毛になるもので、男性の薄毛のように髪が全く生えなくなる心配はありません。

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性男性型脱毛症(FAGA)は、発症のメカニズムは異なるものの、びまん性脱毛症と同じくエストロゲンの減少によって起こる脱毛症です。びまん性脱毛症は髪全体が薄くなりますが、女性男性型脱毛症は部分的な薄毛が目立つようになります。

「更年期の抜け毛の対策法」

更年期の抜け毛の主な原因はエストロゲンの減少なので、これを抑えることで抜け毛を減らせる可能性があります。具体的に、更年期の抜け毛の対策法をご紹介します。

大豆イソフラボンの摂取

豆腐や納豆、味噌などの大豆製品やピーナッツなどに含まれている大豆イソフラボンを摂ることで、女性ホルモンの急激な減少による抜け毛を抑えられる可能性があります。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、体内で女性ホルモンのサポートをしてくれるといわれています。

頭皮マッサージで血行促進

髪の成長に必要な栄養は、血液によって頭皮へと運ばれます。しっかりと栄養が運ばれることで、髪の成長を促すことができます。頭皮マッサージをするときは、頭皮を傷つけないように指の腹で優しく刺激することが大切です。次のようにマッサージしましょう。

(1)耳のすぐ上にあるツボに親指以外の指をあてます。
(2)親指は届く範囲で後頭部にあてます。
(3)親指以外の指だけを回してマッサージします。
(4)マッサージしながらポジションを頭頂部へと動かしていきます。

難しい場合は、頭の気持ちが良いと感じるところをマッサージするとよいでしょう。それだけでも血流が促されて、抜け毛を抑えられる可能性があります。

生活習慣を見直す

頭皮に栄養を運ぶためには、血流が良い状態を保つ必要があります。睡眠不足や途中で何度も目覚めるような質の悪い睡眠は、自律神経のバランスを崩してしまいます。すると、血管が収縮されて血流が悪くなるのです。生活習慣を見直して規則正しい生活を心がけることで、頭皮への血流を促せるでしょう。

漢方を試してみる

更年期障害の症状を和らげることを目的として、漢方が使われる場合があります。抜け毛への効果は立証されていませんが、他に肩こりや倦怠感、冷えなど更年期障害の症状がある場合は試してみてもよいでしょう。更年期障害に用いられる漢方は、加味逍遥散(かみしょうようさん)や温経湯(うんけいとう)、五積散(ごしゃくさん)などです。

シャンプー方法を見直す

間違った方法でシャンプーすると、抜け毛が促される可能性があります。正しい方法でシャンプーすることで、間違ったケアによる抜け毛を減らすことができるでしょう。エストロゲンを増やすような効果は期待できませんが、正しいケア方法を確認しておくに越したことはありません。

最初にしっかりと予洗いをしましょう。髪と頭皮がしっかり濡れていると、シャンプー剤がよく泡立ちます。泡立てずに使うと頭皮に刺激が及ぶので注意が必要です。また、頭皮に洗浄成分が残ることも抜け毛の原因となるので、丁寧に洗い流すようにしましょう。

ホルモン補充療法を受ける

ホルモン補充療法は、エストロゲンを補充することで更年期障害の症状を抑える治療法です。飲み薬や塗り薬、貼り薬を保険適用で処方してもらえます。海外では積極的に行われている治療法なので、一度試してみてもよいかもしれません。

更年期の抜け毛は、食事や睡眠、シャンプーの方法などを見直すことで、軽減できる可能性があります。様々な方法を用いて、抜け毛を減らす努力をしてみましょう。