女性の育毛を促す薬ってご存知ですか?薬だけじゃない!女性の育毛事情

多くの方が薄毛や抜け毛でお悩みです。この数年で女性でもお悩みの方が増えてきているようです。

育毛対策として考えられるのが「薬」の服用ではないでしょうか。
ただ、テレビや雑誌などで目にする育毛の薬の多くが男性向けのもの。市販の育毛剤を試してみようにも、女性にとってはちょっとハードルが高く感じてしまいますよね。

男性のAGAはクリニックなどでも相談ができるようになってきて、通われている方も多くなってきています。ですが、女性向けのイメージがなく近寄りがたいのが実情です。

そんな中でも実際に薄毛の相談を病院で行い、薬を処方してもらっている方もいるのではないでしょうか。

そこで、女性の育毛を促す薬が男性のものと同じ薬でも効果はあるのか調べてみました。

ミノキシジル

AGAの薬として処方されているミノキシジルは、もともと血管の拡張剤として開発されたものです。
その後、発毛効果が認められて育毛剤にも転用されるようになりました。

フィナステリド(プロペシア)

男性ホルモンが、薄毛に影響を及ぼす成分に転換されるのを抑制する薬です。
発毛に作用する薬ではありませんが、抜け毛が減るために総じて毛の本数が増えるようです。

パントガール

女性の抜け毛治療に有効な薬で、AGAとは違って女性特有の悩みからくる薄毛に働きかけます。
育毛だけでなく、髪質改善や爪をきれいにする作用も報告されています。

サプリメントという手段

3つ目に紹介をしたパントガール以外は、男性向けの育毛の薬といっても良いかもしれません。
男性の薄毛と女性の薄毛では原因が違うため、処方される薬にも違いが出てきます。

インターネットや雑誌などではいろんな育毛を促す薬が取り上げられていますが、薄毛や抜け毛の原因や症状、体質によっては効果がない、もしくは副作用が起こる場合もありますので、お薬の購入や処方に関しては一度お医者さんに相談したほうがいいですね。

「お医者さんに処方してもらう薬はちょっと…」という方には、サプリメントがおすすめです。

女性用の育毛サプリメント「イクモア」は女性の育毛を促す成分がたくさん入ったサプリメントです。
美容内科医の先生のご監修のもと、体質改善やホルモンバランスを考慮して薄毛や抜け毛に働きかけて育毛を促しますので、ぜひお試しください。