分け目ハゲは「隠す」+「育てる」で対策!3つのアイテムとサプリ

髪の量が少ない方、髪が細くて柔らかい猫っ毛の方は、ちょっと広い分け目が気になっている方も多いのではないでしょうか?
ハゲや薄毛は男性や更年期以降の女性に多い悩みだと思われがちですが、20代・30代でも多くの女子が分け目のハゲを隠すために苦労しています。

今回は、分け目を隠すアイテムについて紹介するとともに、中・長期的な解決策として体の内側からの栄養補給について解説します。

ハゲを隠しながら、気が付いた時には分け目にもしっかり髪が増えている・・・そんな理想的な対策が取れる方法について解説しているので、分け目ハゲに悩む女子はぜひ参考にしてください。

目次

1、 この分け目は隠すべきハゲ?それとも・・・?
2、 分け目ハゲを隠す方法3選
3、 分け目ハゲを隠すだけではなく髪を増やそう!
4、 まとめ

1、この分け目は隠すべきハゲ?それとも・・・?

分け目の大きさが気になる女子にとっての大きな悩みポイントは、自分自身の分け目やつむじがハゲなのかただ髪の量が少し少ないだけなのか?ではないでしょうか?

ハゲに関する明確な定義が決まっているわけではありませんが、他人からハゲだと思われるのはとてもショックなことですし、かといってなかなか友達や家族に確認するのも勇気がいるポイントです。

20代女子が悩む分け目ハゲ

まずは、実際に分け目のハゲに悩んでいる女子の写真を紹介します。


出典

出典

「私の方がもっと分け目が広い・・・」「インターネットで公開できるレベルじゃない・・・」などいろいろ意見はあるかもしれませんが、こうして分け目のハゲに悩んだり対策をしたりしている女子が多いことは確かです。客観的に見て、まだ「ハゲ」とはいえないレベルであってもだんだんハゲの面積が広がってきたり全体のボリュームが少なかったりするとなおさら気になりますよね。特に地肌が見えてしまうと、ショックも大きいと思います。

分け目や頭頂はハゲが目立ちやすい

実際にどこからがハゲなのか、どの程度の分け目の量なら隠すべきなのかは考え方次第なので、自分自身が気になるか気にならないかが大きなポイントです。とはいえ、現在気になっていない方も将来を考慮すると、対策を考える意味は大いにあります。

対策考えた方が良いのは、分け目や頭頂がハゲてしまいやすい理由を考えればさらにハッキリします。

理由①頭頂部は体の中で最後に栄養が届く
健康で元気な髪が発育するには、頭皮や毛髪に栄養を届けなければなりません。つむじの薄毛が目立ってしまったり、頭頂部から剥げてしまったりする人が男性・女性問わず多いのは、頭頂部が最も栄養が届きにくい箇所であり、体の中で最後に栄養が届けられる場所だからといわれています。

理由②髪が同じ方向に引っ張られるとハゲやすくなる
ずっと同じ分け目にしていると、髪が同じ方向に常に引っ張られる状態なので、頭皮に負荷がかかり抜け毛が発症しやすい状態に陥ってしまいます。月単位、年単位で負荷=ダメージが蓄積していくとだんだんハゲが目立つようになります。実際に、分け目のハゲを気にしている方は、意識して分け目を変える方が多いですよね。

2、分け目ハゲを隠す方法3選

気になる分け目ハゲをどうするか・・・?

大半の女子がまず考えるのは「隠す」ことだと思います。ハゲが気になっていては人と会ったり写真を撮ったりするときに分け目の状態が気になってなかなか楽しめませんよね。

ここでは、分け目ハゲを隠す方法を3点紹介します。

分け目ハゲの隠し方①髪型でごまかす

分け目ハゲの隠し方の基本は、髪型でごまかすことです。

程度が軽い場合には分け目を普段と少し変えるだけでもハゲがほとんど目立たなくできます。また、髪をふわふわにしたりお団子にしたりすることで地肌を見えないようにすることも可能です。

注意点としては、お団子ヘアにしたりふわふわにするためにパーマをかけたりすると、結果的に頭皮、毛髪に負荷がかかり、ハゲが進行してしまうケースがあります。

分け目ハゲの隠し方②小物を使用する

 

分け目ハゲを隠すアイテムもたくさんあります。

増毛パウダーは、髪の毛や頭皮に髪の色に似たパウダーを付着させることでハゲを目立たなくすることのできるアイテムです。
近年は女性向けのパウダーも発売されていて(ヘアファウンデーションとも呼ばれます)、頭皮に優しい原材料が使用されているので女性も安心して利用することができます。

増毛パウダーには、以下のメリットがあります。

  • 手間がかからない
  • 地肌を隠すことができる
  • シャンプーで洗い流せる

反対にデメリットとしては以下の点があります。

  • 雨に弱い
  • ハゲの改善にはつながらない(あくまで隠す目的でしか使用できない)
  • 白髪隠しなど、どちらかといえば年配向けのアイテムが主流

例えば、女性用の増毛パウダーとしては以下の商品があります。

アース製薬【へアレーベルパウダー女性用 20g 】ダークブラウン定価¥6,000

パフが小さめなので、生え際などに使用しやすい女性向け増毛パウダー。

サイプラス【頭皮部分隠しパウダーペン】インスタントブラック 定価2,980円

さらにお手軽なペンタイプのパウダーもあります。分け目のハゲをピンポイントで隠す際には、このようなペンタイプの方が経済的だし効率的かもしれません。

  • 増毛スプレー

増毛スプレーもパウダーと同様手軽にハゲを隠すことができるアイテムです。
分け目やつむじ、生え際に使用するのに適したスプレーもあるので、パウダー同様のメリットやデメリットがあります。パウダーと比較して、使いやすい方を選べば問題ないでしょう。

リアンドゥ【QZクリアコート 180m】¥5,300

自然に分け目や生え際を隠す方法としては防止やターバンなどのアイテムもおすすめです。
室内では被りにくい場合もありますが、夏向けのニット帽の着用などおしゃれの幅を広げたいときにも最適です。

帽子やターバンのメリットは以下の通りです。

  • ファッションとして楽しめる
  • ハゲに悩んでいることが気づかれにくい

一方、デメリットは以下の通りです。

  • 室内など帽子やターバンを着用しにくい場面がある
  • 長く使用していると蒸れてしまい頭皮環境にとって望ましくない

また、帽子ではなくウィッグでハゲを隠すのもおすすめのおしゃれ方法の一つです。比較的低価格でオシャレなウィッグが販売されているので、一度検討されてみても良いかもしれませんね。ウィッグについてはこちらの記事で薄毛を隠すアイテムとして3点紹介していますので、もしよければ参考にしてください。

分け目ハゲの隠し方③美容院でヘアスタイルを相談する

もしご自身で分け目を変えようとしてもスタイルが決まらない時には、美容院でヘアスタイルを相談するのも一つの方法です。ただし、美容師さんが薄毛を隠すスタイルを把握しているとは限りません。失敗しないためには、ご自身でイメージを膨らませてから、「このような髪形にしたい」「分け目をこんな風にしたい」ということを具体的に伝えた方が良いでしょう。

3、分け目ハゲを隠すだけではなく髪を増やそう!

分け目ハゲを隠す方法を紹介しましたが、いつまでも隠す方法に頼っているとヘアスタイルが限定されてしまったり、雨の日の外出が億劫になってしまったりするので、理想的とはいえません。

根本的に解決するためには、隠すだけではなく髪を増やす方法について考えたいところです。髪を増やすための対策はいろいろとありますが、ここでは体の内側から毛髪や頭皮に必要な栄養を届けられる方法について紹介します。

そのアイテムこそがサプリメントです。

サプリメントの効果が実感できるまでには3か月以上かかるので、アイテムなどを使用して分け目ハゲを隠しながら飲み続けてるのが理想的なのではないでしょうか。

4、まとめ

20代や30代の女子も悩む分け目のハゲ対策について紹介しました。

今回は主に分け目のハゲをピンポイントで隠すアイテムを紹介していますが、薄毛の症状や広がり方などによって隠し方もマチマチです。できるだけ違和感なく隠せるように、今回はピンポイントでハゲの部分を目立たなくできるアイテムを中心に紹介しています。

そして、ハゲの面積が少ないうちに髪を増やす対策を行っていくのが効果的です。

分け目のハゲが気になる女子は、隠すだけではなく髪を増やす対策についても実践していきましょう。