【画像付き】産後抜け毛を隠す髪型9選!年代別おすすめスタイル!

産後には、どうしても抜け毛が増えてしまい全体的な髪のボリュームがダウンしてしまいます。薄毛が目立ってしまうから外出時に髪のセットに時間がかかってしまう、スーパーやドラッグストアで買い物をしていてしゃがむと周囲の人からつむじや後頭部を見られてしまうのが気になる・・・そういった不安や悩みを感じられている方もいらっしゃることでしょう。

今回は、産後ママの抜け毛を隠すのに最適な髪形を年代別に紹介します。産後の抜け毛は全体的なボリュームダウンやつむじ、生え際が気になる方が多いので、隠しやすいポイントを明確にするためにヘアスタイルの画像を紹介しながら、理想の髪型をイメージしていただける内容にまとめてあります。

もちろん、薄毛を隠すだけではなくおしゃれを楽しめるスタイルを紹介していますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

目次

1、 産後の抜け毛は誰もが通る道
2、 ロングの産後抜け毛を隠すヘアスタイル
3、 ミディアムの産後抜け毛を隠すヘアスタイル
4、 ショートの産後抜け毛を隠すヘアスタイル
5、 まとめ

1、産後の抜け毛は誰もが通る道

産後の抜け毛は、誰にも相談せずに人知れず悩むママが多いんですが、実はかなり多くのママが悩んでいるトラブルです。
産後1年間くらいはどうしても抜け毛が増えると割り切って考える方もいますが、平均すると1年前後抜け毛が多い状態が続くので(このままハゲになってしまうのでは?)と不安になってしまう方も少なくありません。

引用元

手櫛でごっそりと髪が抜け落ちた時の画像です・・・。こんな風に髪が抜けると怖いですよね。

多くの産後ママが抜け毛を実感するのは、排水溝などに詰まる大量の抜け毛と自身の髪のボリューム。全体的なボリュームダウンの他に、つむじや生え際などが気になりやすいポイントです。

引用元

引用元

引用元

個人差はありますが、これらの画像を見ると産後の抜け毛が一時的なものとはいっても、あなどれませんよね。

産後の抜け毛の最大の原因は、ホルモンバランスの変化とストレスです。

妊娠中に増加している女性ホルモンの分泌量は出産後に激減します。女性ホルモンは髪が生えてから抜けるまでのサイクルを整える役割を果たしていて、ツヤ・ハリのある元気な髪を作るために重要な役割を果たしています。妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えているので髪が非常に抜けにくく、産後は激減するので妊娠中に抜けずにとどまっていた分も含めて一気に大量に抜けるという仕組みです。

また、育児による心身の疲れや睡眠不足などによって生じるストレスも抜け毛の原因として考えられます。

こうした産後の女性特有の体の状態や環境変化によって薄毛に悩まされる女性が多いのです。
産後の薄毛についての詳細はこちらを参照してください。

2、ロングの産後抜け毛を隠すヘアスタイル

髪の長いロングヘアは薄毛を隠しやすいように思えますが、ヘアスタイルによってはつむじや髪の分け目、生え際などが目立ってしまいます。また、長い髪は抜け毛を実感しやすいので不安を高めてしまうという悪影響もあります。こうしたロングスタイルの薄毛対策のポイントは、3点あります。

  1. 分け目をごまかす
  2. ふんわりとボリュームを出す
  3. 髪を結ぶ

これらの3つを踏まえたロングのヘアスタイルを世代別に紹介します。

  1. 20代におすすめ【ロング×ゆる巻き】20代のママは、ゆる巻きがおすすめです。ロングの場合、どうしても髪の重みで薄毛が強調されてしまうことがあるので、前髪を少し重くして全体をデジタルパーマもしくはスタイリングでふんわりさせれば薄毛を目立たなくすることができます。育児や家事の際に髪が邪魔になる時には、憧れのゆる巻きポニーテールに♪参考
  2. 30代~40代におすすめ【ほつれウェーブ30代~40代におすすめのスタイルが、毛先にパーマをかけたほつれウェーブスタイルです。毛先をふんわりと遊ばせることができて、パーマをかけてしまえばしばらくの間美容院に通えなくても乗り切れます。髪のダメージを考えるとエアリーウェーブがおすすめですが、3時間程度かかってしまうので出産前にパーマをかけておきましょう。30代・40代のママを若々しく見せてくれるスタイルです。
  3. 40代におすすめ【おおきなゆったりカールでゆるふわに

40代女性は、ゆったりした大きめのカールで毛先のゆれ感を出して大人の魅力をアップさせましょう。かき上げ前髪は、上品な大人っぽさを演出してくれるだけでなく、分け目を調整しやすいというメリットもあります。
髪のボリュームが気になるママは、ブローやセットの際に毛先にランダムな動きを付けてボリュームを出せるようにしましょう。40代は、髪が細くなりパサついてくる年代ですので、なかなかアイロンできれいにセットするのは難しい部分もあります。髪へのダメージが少ないデジタルパーマをかけておけば、セットして乾かすだけで程よい束感のウェーブが再現できますよ。

3、ミディアムの産後抜け毛を隠すヘアスタイル

セミロングも基本的な考え方はロングヘアと同じです。
ミディアムスタイルは、ロング程手入れがかからず、またショートよりも髪を結びやすいというメリットがあります。出産を機にこれまでずっと続けてきたロングから短くしようと考えてるママも、いきなりショートにするより抵抗が少ないかもしれませんね。

  1. 20代におすすめ【ゆる巻き×レイヤーカット

20代におすすめしたいスタイルはゆる巻き×レイヤーカットです。レイヤ、ーカットと、髪の下の方が長くて、上の方ほど短くなるスタイルです。薄毛を目立たなくするには、レイヤーカットで髪全体の動きを出すことが効果的です。さらに、アイロンで毛先に動きを出せば全体のボリュームをアップさせることができます。
参考

    1. 30代におすすめ【ゆるふわボブ


30代におすすめのミディアムスタイルは、ふわっと柔らかいスタイルが特徴のゆるふわボブです。毛先を軽く整えればナチュラルで落ち着いた印象になります。ウェーブのかけ方で髪全体のボリュームを調整できます。また、薄毛を隠すための大きなポイントは前髪です。こちらの写真は流行のシースルーバングですが、少し前髪を重めに残してあります。髪のボリュームによってフルバングなど前髪の重さや分け目を調整することで薄毛を目立たなくすることができます。

    1. 30~40代におすすめ【ボブパーマスタイル

2018年頃から流行している「黒髪」。
黒髪のボブスタイルは幼くなりがちですが、パーマをかけることでかわいらしく清楚な黒髪×ボブスタイルに大人っぽい落ち着いた印象をプラスすることができます。
画像のように前髪を重くして、髪全体に動きを出せば薄毛を目立たせなくする効果も十分見込めます♪

参考

4、ショートの産後抜け毛を隠すヘアスタイル

ショートヘアの場合は全体をふんわりとさせると同時に、前髪を重くしたり分け目を目立たせなくしたりすることで薄毛を目立たせなくすることができます。

    1. 20代におすすめ【ショートボブ

ショートボブは、セットの手軽さやふんわりとした女性らしさなどから産後ママに人気のスタイルです。
ショートボブで薄毛を目立たなくするには、前髪を重めにすることです。前髪を重くすることで、分け目を目立たなくしたり、髪のボリューム不足でペタッとしてしまったりすることも防げます。また、髪全体がふわっとするので、全体的にボリュームが感じられます。

    1. 30代におすすめ【エアリーショート

空気をたっぷり含むエアリーなショートヘアにすれば、フェミニンで色気のある印象に仕上がります。
薄毛対策のポイントは前髪です。サイドとつながっていることで髪全体のボリュームダウンを隠してくれます。画像のように丸みのあるシルエットにすることで、全体的なボリュームも感じられます。

  1. 40代におすすめ【丸みのあるショートボブ

40代女性は、薄毛の対策と同時に若々しさを維持できるヘアスタイルを目指したいところ。
後頭部に丸みを持たせて襟足をスッキリさせることで、エレガントで知的な印象を与える髪型に仕上がっています。セットやブローの時短だけではなく、若々しさにもこだわったスタイルです。

5、まとめ

産後の抜け毛によって薄毛が目立ってくると、外に出て人に会うのが怖くなってしまうことさえあります。また、薄毛を目立たせなくするために、その都度髪をセットするのも、育児や家事に追われている状況の中ではとても大変なことです。

今回は、産後の抜け毛・薄毛を目立たなくできる髪型を9件紹介しています。好みや流行を意識しつつこれらの髪型を取り入れていけば、理想の髪型がきっと見つかることと思います。今回の画像を参考にしながらご自身の髪質や輪郭にあうスタイルをぜひ見つけてくださいね。

また、今回は紹介しきれませんでしたが、ウィッグやヘアバンドなどのアイテムを利用することにより好みのヘアスタイルを楽しむことができます。

実感力が違います。医師監修:女性用抜け毛対策サプリメント/送料無料・初回限定特別価格3,980円