流行のアミノ酸シャンプーとは?女性の薄毛対策にも効果はある?

女性の薄毛対策として考えたいのが毎日のヘアケアです。特にシャンプーが自身の頭皮や髪に合っているか否かは、元気な髪をつくるためにはとても大事なポイントです。

そして、最近頭皮に優しいと注目されているのがアミノ酸シャンプーです。皮脂の分泌能力が弱い方にとっては、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を落としすぎることが薄毛の要因になることもありますし、シャンプーの刺激がフケやかゆみの原因となることもあります。

今回は、アミノ酸シャンプーの効果や他のシャンプーとの違い、アミノ酸シャンプーを使用した洗髪方法について案内します。そして、ドラッグストアで購入できるアミノ酸シャンプーを3点紹介します。

もし、使用するシャンプーをアミノ酸シャンプーに変更するだけで手軽に薄毛対策が行えるなら、とても手軽ですよね?髪や頭皮へのダメージを意識しながらヘアケア用品を選んでいただくことで薄毛対策を行うことができ、ツヤがあり潤いのある髪をキープしていただくことでエイジングケアにもつながると思いますよ。

目次

1、 アミノ酸シャンプーの効果
2、 アミノ酸シャンプーと市販シャンプーの違い
3、 家でできるオススメのシャンプー方法
4、 ドラッグストアに売っているおすすめのアミノ酸シャンプー
5、 まとめ

アミノ酸シャンプーの効果!女性の薄毛対策にも⁉

近年人気が高まっていて、愛用者も増えているアミノ酸シャンプー。
アミノ酸シャンプーとはどんなシャンプーなのか、どんな効果があるのかについて紹介します。

アミノ酸シャンプーとは

アミノ酸シャンプーとは、アミノ酸系の洗浄剤(界面活性剤)を使用したシャンプーのことです。

シャンプーの成分の大半は水と洗浄剤でできていて、洗浄剤の品質や特徴がそのシャンプーの成分を決めると言っても過言ではありません。洗浄剤とは、本来は混ざり合わない水分と油分を混ざり合わせるものです。美容院でもアミノ酸シャンプーがよく利用されています。

アミノ酸シャンプーの効果

アミノ酸シャンプーの効果は、刺激が低く肌に優しいことです。

ですので、アトピー性皮膚炎の方、敏感肌の方、乾燥肌の方でも安心して使用できるシャンプーだといわれています。さらに、アミノ酸が高い保湿力を持っているの点もメリットです。

つまり、皮脂を分泌する力が弱い、乾燥肌、アレルギー体質などが原因で薄毛に悩んでいる方や、将来の薄毛が不安な方にとっても嬉しいシャンプーということですね。

アミノ酸系シャンプーの定義とは

洗浄剤に使用されるアミノ酸にはいくつか種類があります。

  • グルタミン酸系
  • アラニン酸
  • タウリン
  • グリシン

これらの成分を配合したシャンプーのことをアミノ酸シャンプーと呼びますが、アミノ酸の配合量や割合などについて明確な規定があるわけではありません。

アミノ酸シャンプーの低刺激のメリットを実感するには、アミノ酸成分の割合が多いことがポイントになりますが、洗浄力や刺激が強いシャンプーにアミノ酸成分が少量加えられているだけで、「アミノ酸シャンプー」を謳っている商品もあります。こうした「アミノ酸系」のシャンプーは、低刺激とは言い切れませんので注意が必要です。

見極めの方法としては、以下のような肌への刺激が強い成分が含まれていないことをチェックすると良いでしょう。

  • 硫酸Na
  • スルホン酸
  • カリ石けん素

参照
http://tokyo-cosme.com/articles/XQDKF

http://news.livedoor.com/article/detail/15295932/

アミノ酸シャンプーとその他シャンプーの違い

その他のタイプのシャンプーと比較することでアミノ酸シャンプーのメリットやデメリットがイメージしやすくなると思います。シャンプーの種類ごとの特徴の違いについて紹介します。

シャンプーの種類

普段、私たちが使用しているシャンプーは大きく分けると3つのタイプに分類できます。
アミノ酸系シャンプー、石けんシャンプー、高級アルコール系シャンプーの3タイプです。それぞれ、正常成分としてどんな素材が使用されているかによって名称が分かれていて、特徴も異なります。

表にまとめると以下のようになります。

種類 アミノ酸系シャンプー 石けんシャンプー 高級アルコール系シャンプー
洗浄成分 アミノ酸+アルカリ+脂肪酸 石油系洗浄剤(アルカリ性) 高級アルコール
洗浄力 比較的弱い 強い 強い
刺激 弱い 比較的強い 比較的強い

石けんシャンプーと高級アルコール系シャンプー

石けんシャンプーと高級アルコール系シャンプーは、どちらも洗浄力が強く泡立ちが良い反面、肌や髪への負担が大きいという特徴があります。

石けんシャンプーはさらに環境への負荷が少ないこと、パーマやカラーが落ちてしまいやすいこと、という特徴があります。石けんシャンプーの洗浄剤に使用される原材料にはいかのものがあります。

  • 石けん用素地
  • 純石けん
  • 脂肪酸ナトリウム
  • 脂肪酸カリウム

高級アルコール系シャンプーは「高級」とはついていますが、分子中の炭素が多いことを指していて、「高価格」という意味ではありません。むしろ、コストが安いので低価格のシャンプーに多く用いられています。
高級アルコール系シャンプーの成分には「硫酸」が含まれています。

アミノ酸シャンプーのデメリットは価格と洗浄力

アミノ酸シャンプーを石けんシャンプー、高級アルコール系シャンプーと比較したときにデメリットとなるのは価格が高いことと洗浄力が劣ってしまうことです。

価格面に関しては、素材にこだわっている以上やむを得ない部分でもありますが、石けんシャンプーや高級アルコール系シャンプーよりも価格は高めです。

また、頭皮に優しく皮脂を洗い流さない点の裏返しとして、洗浄力が石けんシャンプーや高級アルコール系シャンプーよりも劣ります。従来通りの洗い方では、頭皮の汚れや整髪料、皮脂が洗い流せなかったり、洗髪後の爽快感を感じにくかったりしてしまうことがあります。

また、アミノ酸シャンプーには保湿性があるため、人によっては「髪が重たくなってしまう」という方もいらっしゃいます。

参照

家でできるオススメのアミノ酸シャンプーでの洗い方

従来通りの洗い方では洗浄力が足りないことがあるなら、アミノ酸シャンプーを使う時にはどのように髪を洗えばよいのでしょうか?

順番に解説します。

  1. ブラッシングをする
  2. ブラッシングをすることで髪についたほこりや小さなごみを取り除き、髪のもつれをほどくことができます。その結果、洗髪の際の摩擦による髪へのダメージを軽減してくれます。

  3. お湯洗い
  4. シャンプーを使用せずに、お湯のみですすぎ洗いをします。頭皮の油や髪の汚れを取り除く効果があることに加え、しっかりと髪を濡らすことで泡立ちを良くする効果があります。お湯の温度は38~40℃。2~3分かけて洗い流しましょう。

  5. 泡立て
  6. アミノ酸シャンプーを使用する際には、髪にシャンプーをつけてから泡立てるのではなく泡立て用ネットなどを用いて先に泡立てしましょう。

  7. 洗髪
  8. 泡立ったシャンプーを髪になじませるようにして髪を洗います。指の腹で頭皮をマッサージするようにゆっくり洗ってください。

  9. 洗い流す

38~40℃程度のお湯でていねいに泡を洗い流してください。
注意点としては、アミノ酸シャンプーが頭皮や髪に残った状態になっていると炎症を起こしてしまい、結果的には薄毛の原因になってしまうことがあります。せっかく肌に優しいシャンプーを使用していても逆効果になってしまっては意味がないので、しっかり洗い流すことを意識しましょう。

参照

https://www.crisvente.jp/news/news05.html

http://aurora-shampoo.com/about/amino/wash

https://contribution-official.com/media/basic/aminoacidshampoo-fallenhair/

ドラッグストアに売っているおすすめアミノ酸シャンプー

こうしたアミノ酸シャンプーはドラッグストアや薬局などでも購入できます。身近なお店で購入できるのは、手軽さという点でもとてもメリットがありますよね。
ドラッグストアで購入できるおすすめのアミノ酸シャンプーを紹介します。

クラシエ【いち髪濃密W保湿ケアライン】(目安価格:650円/480ml)

いち髪濃密W保湿ケアラインは、植物由来のアミノ酸系洗浄成分(ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa)を使用したノンシリコンシャンプーです。肌へのダメージの強い硫酸系の界面活性剤を使用しておらず、髪と頭皮の両方に潤いを与え乾燥を予防してくれます。
あんずや桜の上品な香りとアミノ酸シャンプーとしては低価格であることからとても人気の高いシャンプーです。

リンク

価格の参考

モーガンズmogans【ノンシリコンアミノ酸シャンプー】(目安価格:1,900円/300ml)

自然派コスメブランドのモーガンズの「ノンシリコンアミノ酸シャンプー」は、@コスメのシャンプーコンディショナー部門で人気NO.1を獲得した実力派のシャンプーです。タウリンやグルタミン酸、グリシンなどのアミノ酸19種類に加え、ラベンダー油やジャスミン油など植物系の美髪成分を配合しています。
低刺激ながら、サラサラで潤いのある髪に仕上がると評判のシャンプーです。

リンク

第一三共ヘルスケア【ミノン薬用ヘアシャンプー】(目安価格:1,400円/450ml)

ミノン薬用ヘアシャンプーは、製薬会社の第一三共ヘルスケアが皮膚科学に基づいて開発した低刺激性処方です。アレルギーの原因物質をできるだけカットし、敏感な肌のかゆみやフケを防止しながら汚れを落とします。洗浄成分としては、植物系アミノ酸を配合していて、刺激のつよい硫酸系の洗浄成分は不使用です。

リンク

価格の参考

まとめ

アミノ酸シャンプーによるヘアケアは、手軽に行える薄毛対策の一つです。
洗浄成分に刺激の弱いアミノ酸が使用されていることから、頭皮や髪のダメージを最小限に抑えることができ、敏感肌や乾燥肌、頭皮にトラブルを抱えている方でも安心して使用できるシャンプーです。

アミノ酸シャンプーにもさまざまな商品がありますので、本当に刺激の少ない商品を選ぶことがポイントニなりますが、今回おすすめしたシャンプーなどを参考にご自身の髪や頭皮に合うシャンプーを探してみてくださいね。

頭皮への刺激を抑えて薄毛対策やエイジングケアをぜひ実感してください。